ネチケ?マナー?子どもとスマホゲームについて考えよう

トラブルを呼び込まないスマホゲームとの付き合い方

しっかりと、情報の共有を

楽しいことをしていると、ついつい羽目を外してしまったり、周りが見えなくなることがあります。 そうなってしまうと、周りは迷惑ですよね。 たしなめてくれる人がいればいいのですが、困った事態にまで発展してしまう事もあります。 そうならないように、しっかりとルールやネチケットを意識して楽しみたいものです。

ルールがあるから楽しい

どこでも手軽に楽しめるスマホゲーム、簡単なものから本格的なものまでありますが、皆さんも何かしらプレイしたことがあるのではないでしょうか。
今ではテレビコマーシャルなども多く、ゲームをやってなくても目にする機会は多いと思います。
ゲームは基本的に楽しいものです。
敵を倒したり、難しい謎やパズルを解いたりと、いろいろなジャンルのゲームを遊ぶことができます。
スマホであれば場所も取りませんし、隙間時間にすぐプレイすることができるので、ついつい手を出してしまいますよね。
大人も楽しんでいるスマホゲームは、同じように子供だって楽しみたいもの。
でも、オンラインでできるゲームには、注意しなければトラブルに発展するケースもあるという事を、大人は心得ていても、子供はなかなか意識できないようです。
ボタン一つで課金できたり、怪しいメールやSNSでのコンタクトに何も考えずに気軽に応じてしまうなど、深刻で警察が関わってくるような例もあります。
また、そこまで大事にならなくても、全く知らない人と出会う機会にもなりますから、オンライン上のルールや常識は、知っておかなければなりません。
ゲームを楽しむことが優先されてしまうと、そうした約束事を無視してしまって、結果的にトラブルになったり、楽しくなくなってしまいます。
わざわざ話し合わなくても、と思うかもしれませんが、スマホゲームについて、しっかりと親子で話しておく機会は是非持つべきです。
子供と同じルールを共有することで、親としても安心ですし、時々意識のすり合わせをすることで、オンライン上の変化も知る機会にもなります。

文字だけで伝える難しさ

ゲームに限らず、ネット上で度々問題になる原因の一つに、文字だけで伝達するという特徴があります。 何気ない言葉でも、相手によっては悪意があると受け取ってしまい、険悪になることは、よくあることです。 自分が受け手側になったとしても、同じ状況になることは少なくありません。

何気ないことでも

常に見張っていたり、執着する必要はありませんが、子供が発信する言動に注意を向けておく必要はあります。 放っておけば大きな問題になることもありますから、時々話を聞いて何となくでも状況を知っておく、困ったときにはいつでも言うように伝えておくなど、親子の交流を意識しておきましょう。

TOPへ戻る