トラブルを呼び込まないスマホゲームとの付き合い方

文字だけで伝える難しさ

「楽しい」の感覚は人それぞれ

友達や家族と話が盛り上がって、言動が普段より逸脱してしまう事ありますよね。
周りの人は、自分の人となりを理解してくれていますから、流してくれたり注意してくれて、その場が収まることもあります。
しかし、オンライン上では全く知らない人といきなりコミュニケーションを取るわけですから、どんな人なのか想像するしかありません。
じぶんは面白いと思ったり、いいよね、と感じることであっても、他の人も同じように感じているとは限りません。
ネット上のエチケット、ルールやマナーの重要性はこうしたトラブルに合った時に感じるものです。
日頃ないがしろにしていると、いざという時に困ったことになりますから、知っておく・守っておくことはしっかりと話し合っておくことが大切です。

自分が不快な思いをすること

自分がトラブルの種をまいてしまう事は、自分自身が気を付ければ回避することができますが、相手から不愉快になるようなことをされた場合は、どうすればいいでしょうか。
例えば、なにか悪口にも受け取れるようなことを言われたとします。
相手はどういう気持ちでそんな発言をしたのか、気になりますよね。
軽い気持ちで言ったにしろ、こちらが悲しい思いをしたことに変わりはないわけですから、そういわれて自分は悲しかったのだ、という事をきちんと伝えられるのが理想です。
そして、こうした経験からネチケットを学んでくれると、より意味がありますよね。
見えない相手とのコミュニケーションは、こうしたネガティブな経験をすることがあります。
そして、これは人の痛みがわかるきっかけになる、必要な経験でもあるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る